ようこそ! 「髪の毛をいたわろう」へ

髪の成長

しっかり栄養補給を心掛け、髪の毛をできるだけ傷めない、これが健康で丈夫な髪の毛を育てる一番大切なことなのです。大切なのは、髪の毛を傷めないと言うことです。しかし肌は生きた細胞ですが、髪の毛は死んだ細胞なのです。髪の成長にはビタミン、ミネラル、たんぱく質を摂取することが必要です。

コンビニ弁当、ファーストフード、インスタント食品など栄養の偏った食事を続けると、体にも悪影響ですし髪にもよくありません。ですから髪の毛をカットしても痛くありませんし、ついついドライヤーやカラーリング、パーマなど負担をかけてしまします。バランスの取れた食生活を送ることで心身共に健康になり、頭皮や髪の毛にも良い状態を保ちましょう。又、育毛、抜け毛の予防にバランスの良い食生活を心掛けましょう。

髪の毛自体には自己修正機能がありませんので、一度負担をかけて痛めてしまうと自然に治癒することはありません。髪の成長髪の毛にも細胞があり体の一部なのですから、健康な髪にする為には当然、十分な睡眠、生活習慣、規則正しい食生活が必要です。もし負担をかけて痛めてしまったらきちんとケアをすることが必要なのです。睡眠不足を続けることでお肌にも悪いですが、髪の毛もパサつき、ツヤも失ってしまいます。

髪の毛は爪と同じ様に、肌の角質層が変化して構成されたものです。偏食やダイエットによる栄養不足は十分なたんぱく質が摂取できませんので髪の毛が細く弱くなります。髪はケラチンと言うたんぱく質から構成されています。


髪の成長の関連サイト・ブログを紹介します。

発毛専門リーブ21 : 発毛大辞典 > 役立つ髪の知識 VOL.11
髪が伸びるのは、細胞が分裂を繰り返すからです。一般的に、髪の最盛期は男性で20歳、女性で25歳といわれています。年齢を重ねると、細胞分裂の力は弱まっていきます。それだけ、髪の成長も遅くなったり、生えにくくなったりします。
www.reve21.co.jp/tips/column/11.html

ヘアリジュー|発毛理論|髪の役割と成長の仕組み
髪の役割と成長の仕組み-毛髪とは-毛髪の構造-毛髪の構成成分-ヘアサイクル-薄毛・脱毛の原因とは-どうして髪は薄くなるの-脱毛症の4大原因-主な脱毛症の種類-その他の脱毛症-白髪のしくみと原因
www.hairejue.com/riron/index.html

髪の成長に必要な条件 - 発毛・育毛 はげ対策!
薄毛体質改善法!4千名以上の方が実践!自宅で簡単にできる発毛法 髪の成長に必要な条件 髪の成長に必要な条件 人を含む地球上のあらゆる動物の生命維持には、「酸素」と「栄養素」の二つが必要です
www.apart7.net/hage/seityou.html

脱毛症の種類|脇坂ナカツクリニック
毛母細胞でdht(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛根細胞を萎縮させるため、髪の成長は止まり早く抜け落ちてしまいます。 遺伝 やはり薄毛には、遺伝的要素が大きく関係しているようです。脱毛を誘発する5αリダクターゼという酵素の体内における分布 ...
www.nakatsuclinic.com/type/index.html

育毛のメカニズム|城西クリニック福岡
髪の成長する期間は、男性で約3年〓5年、女性で約4年〓6年と言われています。最初は細く軟らかかったものがだんだん太くてハリのある硬い髪になっていきます。やがて成長が鈍くなる退行期(約3週間)に入り、完全に髪の成長が止まる休止期(約4 ...
www.josaiclinic-fukuoka.com/keyword_02/index.html

染色能力があり、髪の成長を促進させるマカ(ブリンガラージ)
染色能力があり、髪の成長を促進させる マカ(ブリンガラージ)
maharajaroad.sub.jp/herb/maka.shtml

育毛・うそ?ほんと!?髪の常識
海草類は髪の成長に影響を与えるミネラルやビタミンやビタミンカロチンが多く含まれているために定説になっているものです。間違いではありませんがこれだけを食べていればいいというわけではありません
www.kaminavi.com/lie

髪の成長サイクル | 髪の豆知識 | ホーユー株式会社
ホーユーのヘアカラーリング基礎講座、髪の成長サイクルをご覧ください。
www.hoyu.co.jp/basic/trivia/cycle.html

Paul Penders ポールペンダース
頭皮の状態を正常に整えて健康な髪の成長を促す、頭皮と髪用の美容液です。ナチュラルオーガニックのハーブとエッセンシャルオイルのブレンドで、栄養をしっかりと行き渡らせ、血行を促進して、皮脂の分泌をコントロールし、頭皮と髪を理想的な健康 ...
www.paulpenders.co.jp/pp_07.html