ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

骨粗しょう症は骨量の変化が原因

*成人期のピークの骨量を「ピーク・ボーン・マス=最大骨量」といいます。したがって、高齢になって骨粗しょう症にならないためには、この成人期のピークをいかに高くもっていくか、と、中高年期以降の下降をいかに食い止めるか、が大切なポイントとなります。また、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするだけでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの作用を抑えてしまいます。

成長期には少しでもピークを高くするためにカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、今度はせっかく高めたピーク時の骨量を減らさないように、またできることならさらに高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組みましょう。また、おやつにスナック菓子ばかりを食べていると、スナック菓子をはじめとする加工食品に多く含まれるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまいます。ここで日ごろの生活をいかに過ごすかでも、「骨粗しょう症危険度」が格段に違ってきます。

食事でカルシウムを摂取することはもちろん大切ですが、家に閉じこもってばかりいて、身体を動かさないと、せっかく摂取したカルシウムを骨に蓄えることができません。たとえば、もっともカルシウムを多く必要とし、成長しなければならない少年期や青年期に無理なダイエットをしたり、過度の運動をすると、高めなくてはならないピークが、低いままで終わってしまうことになります。骨量の変化人間の骨量は、骨格の成長とともに20歳ぐらいまでぐんぐん増加します。

成人期にピークを向かえ、その後、中高年期になると徐々に減少していくのが一般です。また、特に女性の場合、閉経期以降に骨量が減少します。


骨粗しょう症は骨量の変化が原因の関連サイト・ブログを紹介します。

成熟世代の女性をサポートするキュラス:更年期について
また、骨折が原因で日常生活行動が低下し、さらには寝たきりになってしまうことも問題となっています。 日本の骨粗しょう症の患者さん ... のバランスが大きく変化する閉経後、骨の量が急激に減る人の割合が高くなる ためです。 骨粗しょう症の患者さんは ...
www.quras.jp/kounenki/03c_01.html

骨粗しょう症
骨粗しょう症とは、骨を形成しているカルシウムなどの成分が減少して骨量が ... 骨量の減少が進むと、主に次のような症状が出てくる。 背中・腰 骨の変化は ... 量が摂取できない、妊娠期間や思春期の肥満を嫌って食事制限をするなどは骨脆弱化させる原因と ...
www.tokyo-kasei.ac.jp/~ichimaru/newcurriculum/

骨粗しょう症Q&A
... 骨量減少の方では25年後(83歳)まで骨粗しょう症にならないのです。 一方、寝たきりの原因といわれる大腿骨頸部骨折では、1年後には約20%の方が ... は骨が細いから骨粗しょう症になりやすいのですか 一般に男性の方が骨量 ... 変化は同じ動きをしていますから、一番骨に影響があるのが閉経の前後2年の計4年間なのです。 q6.骨粗しょう症 ...
www.meno-sg.net/meno/topics13.html

骨粗しょう症の食事療法 | 万有製薬
骨粗しょう症は骨量が減少し、骨が変化してもろくなり、骨折しやすくなった状態。高齢者の骨折は、寝たきりの原因になることもあるのでご注意を!脊椎がつぶれたり、変形したりすると背中の痛みや腰痛も現れます。骨粗しょう症の食事療法について解説 ...
www.banyu.co.jp/content/patients/diet/

骨粗しょう症Q&A
... を強くする働きのあるビタミンdが不足し がちのため、骨の量が減っていきます。実際には、骨粗しょう症は一つの原因 ... ふつう骨粗しょう症の変化は海綿骨に最初にあらわれ るので、背骨の骨量を調べる必要があります。皮質骨には副甲状腺の機能がたか ...
www.sumire-hosp.com/pdf/op_q_and_a.pdf

[牛乳百科事典]女性ホルモンと骨 : j-milk
女性は、男性よりも骨粗しょう症になる危険率がたかいのです。その原因は、女性ホルモンの分泌量の変化にあります。女性ホルモン、とくにエストロゲンには、骨をとかさないようにはたらき、骨をまもる作用があります。
j-milk.jp/library/8d863s000000q90z.html

骨粗しょう症 | こ | 美容外科用語集 | 美容外科 美容整形 城本 ...
骨粗しょう症は、骨折が原因で日常生活行動の低下、さらには寝たきりになってしまうことが大きな問題となっている。女性は、ホルモンのバランスが大きく変化する閉経後、骨の量が急激に減るため、骨粗しょう症になる人の割合が高くなる
www.shiromoto.to/word/ko/osteoporosis.php

骨粗しょう症とほかの病気の関係のQ&A 骨とからだのQ&A RICHBONE ...
... 骨密度検査により、骨粗しょう症ギリギリと診断され、ビタミンdを処方されました。こんなにも急激に変化することがあるの ... は、部位によって違うものでしょうか? 骨粗しょう症が原因でヘルニアになる場合があるのでしょうか。 ステロイドを長い間服用しています。骨量 ... ...
www.richbone.com/qa/bs/list-catego05.htm

【楽天市場】骨量・体内水分量・筋肉量・体脂肪・生活代謝 ...
q:骨量が減るとどうなるの? a: 骨の中にカルシウムが溶け出し「スカスカ」のもろい骨になります。体重を支えきれなくなり、 骨粗しょう症 や 骨折 の原因になります。 ... q:骨量って変化するの? a: 骨量は成長とともに増加し、20代で ...
www.rakuten.co.jp/wide/380175/494888/504037