ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症に効果のあるウォーキング

歩くことには、若さを保ち、ストレスを解消させる効果があります。肥満の予防にもなります。そしてつま先でけりだすようにしましょう。そして、かかとから着地するようにします。 運動するにあたっては、あくまでも「健康づくりのための運動」であることを心得ておくことが大切です。数メートル先の地面を見る感じがいいでしょう。正しい歩き方とは? まず視線をまっすぐに保つことが大切です。肩は楽にし、腕をしっかりと振り...

ビタミンDを補給しよう

カルシウムの吸収を高め、コレステロールの吸収を抑える! そしておいしいだしも出る! お料理にもっと活用しましょう。しかしそれだけでなく、いかに効率よく摂取、吸収、沈着させるか、ということも大切になります。カルシウムの骨への沈着を助ける役割をするのが、ビタミンDです。ビタミンD骨粗しょう症の予防と改善には、毎日の食事のなかでカルシウムを充分に摂取することが必要です。 人間の皮膚は、日光や紫外線にあ...

骨粗しょう症にかかりやすい人とは

無理なダイエットで生理が止まってしまうと、本来ならば、閉経後に訪れるはずのホルモンの変化が早々と襲ってきます。その後、中高年になると骨量は徐々に下降線をたどりはじめます(なかには、そのまま維持できる人もいます!)。この現象の原因は、若い女性の食生活をはじめとする生活全般の変化・・・乱れ・・・があります。ところが近年、20歳前後の若い女性の5人に1人に、早々と骨量の減少がみとめられ、ゆくゆくは骨粗...

骨粗しょう症予防には牛乳と青菜をたくさん摂ろう

ぜひ、どうぞ!。牛乳も、飲むだけでなく、いろいろな料理に使い、ワンパターンにならないよう、いろいろな食品を組み合わせて無理なくカルシウムを摂取するように工夫しましょう。ほうれん草の代わりに青梗菜(ちんげんさい)や小松菜、春菊などでもおいしくいただけます。 カルシウムを多く含む食品:牛乳やそのほかの乳製品(牛乳、プロセスチーズ)、小魚や海藻(干しあみ、干しえび(殻つき))、青菜類(小松菜、青梗菜)...

骨粗しょう症の検査方法

骨粗しょう症は、60歳の女性の半数、70歳の女性の約6割に認められるといい、女性は特に注意が必要です。心臓病や高血圧、がん、それに肥満、といった、ほかの多くの成人病と同様、骨粗しょう症も若いうちから、食事や運動などの生活習慣を見直し、予防していくことが大切です。現在、成人病検診では、骨粗しょう症の診断もおこなう場合が多いようです。過度なダイエットや運動不足、逆に運動のしすぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ...

できれば水中運動をおすすめ

水中運動の勧め骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取をはじめとする食生活の改善と、適度な運動、および日光浴が重要なカギとなります。また、筋力を強化することは腰痛予防になりますし、転倒や骨折を予防することにもなります。健康づくりのためには、別に無理して泳ぐ必要はありません。筋肉や関節に余計な負担をかけることなく、むしろ水中のほうが楽に身体を動かすことができるでしょう。 適度な運動は、骨の新...