ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

カルシウムの働きについて

カルシウムの働き骨粗しょう症の予防と改善のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを充分に摂取し、摂取したカルシウムを骨に蓄積、沈着させるために必要なビタミンDを充分に取り入れることです。血液の凝固作用や心筋(心臓の筋肉)の収縮作用、刺激に対する神経の感受性を鎮静化する作用、さらに酵素作用を活性化する働きもあります。またミルクアルカリ症候群の原因にもなります。一方、過剰症もあります。

残りは血液、筋肉、神経などの組織にイオンやさまざまな塩として含まれています。しかしビタミンとならび、重要な生理機能を担っています。骨や歯が弱くなります。たとえば、カルシウムを過剰に摂取すると、結石の原因になったり、ほかの無機質の吸収を阻害することがあります。

カルシウムは、ミネラル(無機質)のひとつです。カルシウムは、99パーセントは、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムとして歯や骨の成分として存在します。しかも体内では合成することができないため、食べ物から取り入れる必要があります。欠乏すると、成長が充分にできなくなります。

主に、乳製品や緑黄色野菜、煮干や干しえび、および大豆、大豆製品に多く含まれます。ミネラルは、体内にわずか5パーセント含まれるにすぎません。このように、カルシウムは、骨や歯の形成といった、骨粗しょう症対策の重要な要であるだけでなく、さまざまな身体の機能に関与している重要なミネラルです。


カルシウムの働きについての関連サイト・ブログを紹介します。

カルシウムとマグネシウム
高血圧については、 高血圧のページ をご覧下さい。 摂取量はカルシウム1に対して マグネシウム は0.5〓1くらいあれば良いそうです。 ... とは、濃度の低い細胞内液から濃度の高い細胞外液へとナトリウムイオンやカルシウムイオンを運び上げる働きの ...
plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/text/calcium.html

日本におけるブロプレス〓とカルシウム拮抗薬の合剤にかかる製造 ...
日本におけるブロプレス 〓 とカルシウム拮抗薬の合剤にかかる製造販売承認申請について 当社は、本日、ブロプレス 〓 (一般名:カンデサルタン ... 当社が創製したブロプレスは、血圧を上げるホルモンの一つであるアンジオテンシンiiの働きを阻害 ...
www.takeda.co.jp/press/article_32632.html

コバヤシレポート・25
■『ビタミンD』について(第25回) ビタミンDは食事などから摂取した場合、肝臓や腎臓の酵素の働きによって 活性型ビタミンDになります。 活性型ビタミンDは小腸でカルシウムやリンの吸収を 促進して、血液中のカルシウムの濃度を高めたり、骨の ...
www.piatto.co.jp/e/e-01-25.htm

カルシウム
カルシウムの働きについて ●体が疲れやすい、疲れが取れない ●すぐにケガをする、ケガをしてもなかなか治らない ●朝は目覚ましで又は起こしてもらわないと起きられない ●朝目覚めてもスッキリせず、だるい
www.s-hearts1.com/calsetuhtm.htm

骨粗鬆症について [ 骨粗鬆症とホルモン ] -- エヌ・エスクリニック
このホルモンの大切な働きは、腸管からのカルシウムの吸収を活発にすることです。 血中カルシウム濃度が上がると甲状腺から分泌され、破骨細胞に直接働きかけ、骨吸収を抑制するホルモンで濃度を一定に保つ働きをします。
nscl.jp/kotu/hormone.htm