ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

カルシウムをたくさん摂ろう

カルシウムの摂取骨粗しょう症は、骨量が減り、骨がカスカスの状態になってしまう病気です。原因は、カルシウムの摂取不足やホルモン変化などがあります。干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは確かに多いのですが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べ続けることはなかなか難しいですよね。

牛乳をそのまま飲むのは苦手な人は、シチューやポタージュスープに入れてもいいでしょう。成人のカルシウム必要摂取量は、通常、600ミリグラムといわれますが、骨粗しょう症の改善と予防には、1日1000ミリグラムを目標にしましょう。カルシウムを多く含む食品・牛乳や乳製品・・・牛乳、プロセスチーズ・小魚や海藻・・・干しあみ、干しえび(殻つき)・青菜類・・・小松菜、青梗菜・大豆、大豆製品・・・凍り豆腐、木綿豆腐*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源です。

骨粗しょう症の予防と改善では、カルシウムを充分に摂取することが第1にあげられます。牛乳の場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けますが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲み続けることは決して無理な話ではありません。干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラム程度だからです。

無理のない形で持続することが大切です。朝、コップ1杯飲めば、もう200グラムです。したがって、それだけの量をとるためには、カルシウムを豊富に含み、かつ吸収率の良いものを優先的にとるようにします。


カルシウムを多く摂取しようの関連サイト・ブログを紹介します。

◆◇医師が教える! 1分ダイエット◇◆
ダイエットをすると骨からカルシウムが減少してしまいます。妊娠すると胎児のためにお母さんの骨からカルシウムが流出してしまいます。いずれも骨が弱くなりますので、多くの方はカルシウムを沢山摂取しようとしているのではないでしょうか。
web-doctors.jp/c_foods/c2001_12_17.html

カルシウムのすすめ
多くの人々は、カルシウムの必要性についてはよく知っているつもりで ... の濃度を正常あるいは、むしろやや高めに維持しようとするためであろうと考えられている。この夜中のカルシウム ... この様なことを考え合わせると、日常、カルシウムの摂取に ...
www.terme.jp/CA/ca1.htm

体の中からきれいにしよう!
成長期の子供や妊婦・授乳婦は、特にカルシウムを多く必要とします。カルシウム不足の状態が続くと、骨や歯から ... 1日の摂取所要量 600mg 乳製品のカルシウムは他のカルシウムに比べて吸収効率がいいと言われています。 カルシウムの吸収を助けてくれる ...
www.tecoplaza.com/hotcafe/biyou/vitamin/

ミツカングループウェブサイト〓ニュースリリース〓
2.お酢のチカラでカルシウムを効率よく摂取しよう 体内への吸収効率もよくします。お酢と一緒に煮込むことにより、普段食べられない骨や貝殻に含まれるカルシウム分が溶け出し、多くのカルシウムを摂取することが出来ます。
www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2006news/

【楽天市場】イッコーカルシウム『L型発酵乳酸カルシウム』の ...
1日に必要なカルシウムをL型発酵乳酸カルシウム『イッコーカルシウム』だけで摂取しようとすると・・・ ... 「2005年度版日本人の食事摂取基準」では一日摂取量の上限値は2300mgとされていますが、毎日の食事でこれほど多くのカルシウム ...
www.rakuten.co.jp/ikko/406499/1081595