ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

カルシウムの補給にリンとマグネシウムも大切

リンとマグネシウム骨粗しょう症の予防と症状の改善に大きく関与する無機質は、カルシウムとリン、そしてマグネシウムです。主に、穀類や海産物、ゴマなどの種実類に含まれます。心悸亢進を招きます。ただし、リンは不足することはまず少ない、かえって取りすぎると、カルシウムの吸収を悪くします。ただし、リンは日常生活に充分に含まれており、欠乏や不足するということはほとんどありません。

主に、加工食品や卵黄、煮干などに多く含まれています。近年、インスタント食品をとりすぎる傾向が、特に若い人たちにみられるようになり、とりすぎのほうが懸念されています。マグネシウム50パーセントから60パーセントは、骨に含まれています。また下痢を起こしたり、神経が興奮しやすくなります。

不足すると歯や骨が弱くなり、骨粗しょう症を招き、骨折を起こしやすくなります。骨をつくる材料となるカルシウムの重要性については、皆さん、よくご存知ですよね? では、リンとマグネシウムについてはどうでしょう?リンは穀物や肉類に多く含まれています。欠乏すると血管が拡張して、充血を起こします。残りの20パーセントは、体液や組織中に含まれ、血液のphや体液の浸透圧の調整をします。

リン80パーセントは、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとして骨や歯の形成に預かります。マグネシウムは幅広い食品に含まれています。残りは血液、筋肉、脳、神経に存在します。どちらもカルシウムと同様、骨や歯の形成に重要な働きをします。


リンとマグネシウムも重要の関連サイト・ブログを紹介します。

マグネシウム | ミネラル編 | 食事・栄養 | 愛猫のハッピーLife ...
... や脂肪酸をエネルギーに代える「エネルギー代謝」のときに重要な役割を果たす。心筋や骨格筋、神経組織などの生体機能を正常に維持するためにも深く ... マグネシウムは、カルシウムやリンとのバランスが大切で、カルシウムやリンが多すぎると ...
www.nisshin-pet.co.jp/study/dictionary/cat/

ミネラル
リンはリン酸・核酸の成分でもあります。 ビタミンB1・B2と結合して補酵素となる働きも ... 存在し その70%はリン酸マグネシウムと ... 硫アミノ酸に含まれ 体内でも蛋白質やアミノ酸と結合して存在します。 健康な毛髪や皮膚・爪を作るために重要 ...
www2.neweb.ne.jp/wc/hooko/MIN.HTML

乾椎茸を使ってみよう!☆栄養と薬効
ビタミンdが豊富です!食物繊維が豊富です!亜鉛、マグネシウムなどミネラルも豊富! ... ですが、体の機能の維持や調整に不可欠なミネラルを補給することも重要 ... リン カルシウムと協力して、骨や歯を強くする。成長や身体の修復に関わる生体機能を ...
www.sugimoto-s.co.jp/eiyo/eiyo.html

ミネラルカルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・カリウム
骨・歯・血液・ホルモンの生成に必要で、筋肉や神経系に関わる重要な物です。30種類以上もあり、成人一日の所要量が100mg以上の主要ミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウム、カリウム)とそれ以下の微量ミネラルとが有ります。
www.zakkaya.com/eiyou/mineral.htm

マグネシウム | 栄養成分百科 | 江崎グリコ
大人の体には20〓28gほど含まれ、カルシウムやリン ... 貯蔵庫の役割をしていることは知られていますが、マグネシウムも50〓60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要 ...
www.glico.co.jp/navi/dic/dic_08.htm