ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

豆腐に含まれるカルシウム

大豆食品のなかでも特に豆腐は、食物繊維以外の大豆の栄養価と効力をそっくり受け継いでいるだけなく、それが消化、吸収されやすい形になっていることから、よりいっそう効力アップした理想的な食品です。豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・なんでもよく合いますし、大豆のたんぱく質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良いたんぱく質を摂取することができます。大豆製品はいずれもカルシウムが豊富に含まれています。ただし、ほうれん草に含まれるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きがありますので、下ゆでしてから利用するようにします。

大豆はもちろん、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・いろいろな形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにしましょう。豆腐の主成分は植物性たんぱく質です。豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐があります。またほうれん草にもカルシウムは豊富です。

大豆製品はいずれもカルシウムが豊富に含まれています。また、豆腐のうれしいところは、どのような食品とも相性ばっちり!ということでしょう。豆腐とカルシウムカルシウムが豊富な食品のひとつとして、大豆や大豆食品があります。料理やそれぞれのお好みに合わせて使い分けると良いでしょう。

まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」です。植物性のたんぱく質は、肉や魚といった動物性たんぱく質と比較して消化吸収が悪いのですが、豆腐の場合は、消化吸収が非常によく、95パーセントという高さで無駄なく吸収されます。たとえば、お豆腐とほうれん草のグラタンはいかがでしょう? 豆腐にチーズが加わることで、カルシウムは一段をアップします。


豆腐に含まれるカルシウムの関連サイト・ブログを紹介します。

骨粗しょう症口コミ情報 豆腐とカルシウム
... 口コミ情報 豆腐とカルシウムを調べて ... 豆腐にチーズが加わることで、 カルシウムは一段をアップします。またほうれん草にもカルシウムは豊富です。まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」です。ただし、 ほうれん草に含まれるシュウ酸は ...
megahealth.web.fc2.com/400

豆腐が好き!豆腐で骨元気 牛乳を上回るカルシウム
100g当りに含まれるカルシウムの量は牛乳より豆腐の方が多いのです。実際の飲食を例とすると、牛乳コップ一杯(200ml)で約200mgのカルシウムを取ることができ、豆腐半丁(150g)で約180mgのカルシウムを取ることができます
www.k5.dion.ne.jp/~tofu/1-7.html

だるま豆腐店◎豆腐の栄養と効果
■カルシウム カルシウムの成人の一日必要摂取量は600mgとされています。しかし、ほとんどの人がその値に達して ... また、豆腐の脂質に多く含まれるリノール酸は、不飽和脂肪酸としてもともとコレステロールをあまり含まないのに加え、血管に付着 ...
www.pup.waiwai-net.ne.jp/~daruma/eiyo-koka.html

桜海老のカラカラ
カルシウムが多く含まれる食材は、煮干し 干しえび 乳製品 藻類 ごまなど。 マグネシウムが多く含まれる食材は、豆類 藻類 ... 絹ごし豆腐100g含まれる
www.galstown.ne.jp/9/gourmet/mariko/ninpu.html

豆腐[豆]知識(豆腐と健康)|京都府豆腐油揚商工組合
また、吸収に難点のあるカルシウムが、豆腐の良質なタンパクによって吸収が格段と促進されるといわれます。 豆腐のビタミン類〓美肌等に効果 豆腐は、製造工程で熱を加えるため、大豆に含まれるビタミンの移行はさほどではありませんが、ビタミンE ...
tofu.or.jp/knowledge/file04a.html