ようこそ! 「骨粗しょう症を防ごう」へ

骨粗しょう症は食事に注意

2.良質のたんぱく質を適度に摂取する。6.アルコールはほどほどに・・・!。骨粗しょう症になると骨折を起こしやすくなります。たんぱく質は、あまり多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまいます。高齢者や、特に閉経後の女性に多く見られる病気です。

カルシウムを多く含む食品(牛乳や乳製品、小魚や海藻、小松菜や青梗菜などの青菜類)のなかでも、牛乳や乳製品といった、吸収率の高いものを積極的にとるようにします。若いうちから予防を含めたケアが必要です。1日60?80グラムを目安に摂取します。骨粗しょう症の食事の注意点1.カルシウムを充分に摂取する。骨粗しょう症の人の食事骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が減少し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなってしまう症状です。

高齢者の骨折は、治りにくいというだけでなく、寝たきりや痴呆の誘因となります。3.ビタミンDを充分に摂取する。成人のカルシウム必要摂取量は、通常、600ミリグラムといわれますが、骨粗しょう症の改善と予防には、1日1000ミリグラムを目標にします。したがって、治療および予防には、食事のなかでカルシウムを充分に摂取することがあります。と同時に、カルシウムの吸収や利用効率を高めるためにリンとの摂取比率を考慮することや、ビタミンDを取り入れることが必要です。

4.リンとの比率を考える。5.食物繊維はほどほどにする。ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進する働きがあります。原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考えられます。


骨粗しょう症は食事に注意の関連サイト・ブログを紹介します。

骨粗しょう症の原因と改善【いきいきカンパニー】
骨粗しょう症は病気です。骨の量は男女とも20〓30代をピークに、年を追うごとに ... ダイエットや運動不足による骨粗しょう症 食事から吸収するカルシウムの量が不足 ... 注意:当ホームページは、いきいきカンパニー によって、制作、管理、運営されて ...
www.iki-iki.ne.jp/hone3.html

骨粗しょう症の新対策について|同友会 春日クリニック
骨粗しょう症の治療中は食事の注意も重要です。特に、食事からとるカルシウムが少ないと、骨からカルシウムが溶け出して体内で使われてしまいます。 新しいガイドラインでは、食事からのカルシウム摂取目標量を1日800mgと定めています
www.kasuga-clinic.com/publication/65/

生活習慣病〓骨粗しょう症
また、過度のダイエットやインスタント食品を多く食ぺる偏食の人は骨がもろくなるので注意が必要です ... いることでも十分ですから、回数を多くして実行してください。 8.治療 骨粗しょう症に対する治療には色々ありますが、最も有効なことは食事と ...
www.shinagawa-si.jp/kenkou/kotusoshoushou.htm

Dream Care project |シニア向けレシピ |介護食レシピ |レンタルレシピ ...
食事の役割は、第一に、健康な状態を保ち ... していつまでも美味しく食事をとりましょう。 ◆誤嚥に注意しましょう。 (*誤嚥「ごえん」 とは食べ物が食道ではなく ... 体温との適度の温度差は、食欲増進や、誤嚥防止にも効果があります。 骨粗しょう症を予防 ...
www.dreamcare.jp/recipe

市広報掲載 みんなの健康
骨粗しょう症は、加齢、女性ホルモンや副甲状腺ホルモンの影響、偏った食事、運動不足や日光浴不足などが原因でなります。 高齢の女性に多いと言われますが、最近は食生活や生活習慣の変化などで若年者にも増加しているので注意が必要です。
www.kawamed.or.jp/topics/kenko/k150115.htm